子供の身長が低い事で悩んでいませんか?

周りの子供と比べて、自分の子供の身長が低いことで悩んでいませんか?

 

 

 

同級生を比べるにしても、そもそも誕生日も違いますし成長自体にも個人差があります。
赤ちゃんの頃でも身長以外でも、髪の毛の成長具合と言うのは差があるものです。

 

成長期になれば平均的に男女問わず伸びるものですから、極端に心配をする必要はありません。

 

ただ...運動をしているとか、出来る限り身長だったり体を大きくしてあげたいと考えているなら、出来ることはしたいですよね。

 

もし、子供の成長を促すようにしてあげたいと考えているのであれば、日々の生活の中で三つのことを意識して取り組むことが大事です。

 

具体的に紹介していきますと...

 

  • 睡眠の質を高める
  • 運動をするように心がける
  • 栄養バランスを意識する

 

この三つのことを意識するのが、身長を伸ばしたい子供にとって大事な事だと言われています。

 

もしかすると、これ以外の方法を調べてみて実践されている方もいるかもしれません。

 

何をするにしても薬ではないので効果は確認されていませんから、それを分かった上で実践しているなら良いと思います。
縄跳びだったり、バレーボールだったり、ストレッチやぶら下がり運動というのも、背を伸ばす為に良いと言われています。
ググって見ると分かりますけれども、ストレッチとかぶら下がりに関しては解説しているサイトもあります。

 

やれることはやっておきたい、駄目もとであれば結構です。
但しそうじゃなければ、ご紹介した三つ以外は余力があれば程度にしておいてください。

 

どうしてかと言いますと、体操とかぶら下がることに関しては背が伸びるという医学的な根拠が無いからです。

 

さも当たり前に効果があるように書かれているサイトなんかもあるのですが、現時点での研究だと根拠は無いんですね。
実践しても結果が出るという保証はありませんし、それどころが少なくとも大事だと言われている三つが疎かになるのは宜しくないです。
ストレッチを頑張ったから、今日はお菓子を食べるとかそういうのは良くないと思われるってことです。

 

ところで身長に関して言えば、読者の皆さんの多くはアレで決まるんじゃないのって思われている方も多いかもしれません。
自分の身長は親の○○で決まると思っている方、こんな自分も昔は思っていたのですが、確かに噂としては有名ですね。

 

まぁ○○というのは遺伝のことなんですが、遺伝に関して触れていないので次の項目で書いて行きますね。

 

遺伝で決まるなんてよく言われているけれども...

 

 

 

昔から当たり前の様に身長とか体格は親からの遺伝でほとんど決まると言われていましたが、今は遺伝確定説は正しくありません。
遺伝が及ぼす影響は皆無では無いのですが、遺伝だけで身長や体格は決まらないと言われているのです。

 

遺伝説を信じていて諦めていた場合、何か出来ることがないのか探しているのであれば出来ることはあるのです。
なので、諦める必要は無いと思います。

 

但し...生ものですし遺伝というのも何度も言いますが、無関係では有りません。
実践すれば100%という訳ではありませんから、そこには注意するようにしてください。

 

でも、もし伸ばしたいと考えているのであれば可能性があるうちにやっておくべきだと思っています。

 

身長が伸びるのは骨が成長するからなんですが、これは子供の頃にしか出来ません。
それは骨が段々と柔軟性がなくなっていきまして、大人になるとほぼ無くなります。

 

大学生とか、それこそ社会人以降の大人になると身長と言うのは毎年計測してもほぼ変わらないです。
髪の毛の量とか、微妙に前後するくらいで子供の様にセンチ単位で変化することはほぼ無いのはそれが理由なんです。

 

その様な状態になって、色々頑張ってももう伸ばせる見込みは薄いです。
肝心な骨の状態が伸ばせないのですから、あれこれやってもどうしようもないんです。

 

ですが成長期など骨が成長出来る状態だったら、可能性は残されています。
骨の成長のために良いと言われていることは、後悔しない為にもやっていきましょう!

 

遺伝以外で大事なのは、先ほど説明した三つを守っていくだけです。

 

最初が睡眠ですが、これは子供に限らず人間誰でも重要ですね。
よく寝ると育つというような格言もありますが、身長に関する睡眠は少しポイントがあります。

 

身長に良い睡眠と言うのは、夜更かしをせずに早く寝ることです。

 

理由ですが、睡眠中に成長ホルモンというのが分泌されます。
これが骨などを成長させるわけですが、この分泌の量が増えるのは夜、それも深夜です。
この時間を逃すのは非常に勿体無いので、早寝をするようにしましょう。
夜更かしなんて絶好のタイミングを逃すことに繋がるので、絶対にしない方が良いです。

 

次に運動ですが、出来れば毎日体をほどほどに動かすのが良いと言われています。
これはダイエットの様に走ったりとか頑張る必要は無いです。

 

出来る範囲でよいので、体を動かすようにしておけばよいみたいですね。
もちろんスポーツをしていれば、それの練習のために頑張っても良いです。
ただ必ずしも息を切らすほど激しいことはしなくてよいってことなので。

 

これもどうしてよいのかと言うと、運動をした後の体には成長ホルモンが分泌されるからです。
ということで、全てのポイントは成長ホルモンと実は関連があることなんですね。

 

栄養のバランスが取れた食生活というのは、かなり大変!

 

さて、もう一つ残っているのが栄養バランスのよい食生活です。
他の二つと違い、分けて書いているのには個人的な理由があります。

 

 

 

何かというと、一番満たすことが難しいのが栄養バランスだからです。

 

  • 親と子供の両方が意識しないといけない
  • 栄養にある程度知識が無いといけない
  • 好き嫌いは子供というのは割と多い

 

というのがありますから、毎日栄養バランスが保たれた食生活を送るのはかなり難しいです。

 

親であればざっくり肉だけじゃなくて野菜や魚も、とかは気をつけていると思います。
でも各々の食品で摂取出来るであろう栄養素を把握できているかといえば、栄養士でも無いので難しいはずです。
子供も味覚が発達段階ですし、好き嫌いもまだある時期です。

 

それも数日、1週間という短期間やれば良いわけでもありません。
継続すると言うのが、大事なってくるわけです。

 

他の睡眠と運動を比較すれば、明らかに食生活という要素が最も難易度が高いと思います。

 

この子供への栄養バランスを簡単に整えられるのが、子供用サプリメントを使うと言う方法です。

 

子供用になっているので、使用することで子供が必要な栄養素が適量を摂取できます。
大人用とは違い、子供に必要な量になっているので過剰摂取などの心配がありません。

 

サプリメントは補助としての存在ですから、普段の食事が中心になります。
ですが活用することで、栄養バランスの偏りを調整することができます。

 

もしかすると足りていない栄養素があるかもしれませんが、子供用サプリを使えばその偏りをカバー出来るのです。

 

個人的には栄養面がある程度カバー出来ることから、運動と睡眠だけに気をつければ良いことにもなります。
なので色々楽になる面があります。
料理の献立を考えたり、食べ残しなどへの不安とかも軽減されますしね。
体調が優れずに数食が簡易なものになった日があっても安心できますし。

 

子供用のサプリメントは沢山ありますが、比較的新しく登場して人気なのがアスミールと言うサプリメントです。

 

牛乳に混ぜるドリンクタイプになっているので、味も工夫されていて子供も気に入ってくれると思います。
口コミでも牛乳嫌いな子供も気に入るなど、味に関してはかなり高い評価があります。

 

インターネット限定の商品ですから、購入するには通販しか選択肢が無いです。
通販の場合は価格差が市販よりも激しいので、購入先には注意しないといけません。

 

ドコから購入するべきなのか、もう少し詳細を知りたいと言う方はアスミールをご覧下さい。